統計医学修士 + 占い師(手相+人相+四柱推命+タロット)
個人鑑定依頼は → tesoninsoあっとgmail.com(50分3000円)
遠方の方の占いは → https://coconala.com/services/877602 (四柱推命3000円)

思い出_看護学生時代

私が学生時代の友人・梶原さん
このブログでも高い人気を誇る。

梶原さんの特徴として、
彼女は何かを考える瞬間、

吸引力の梶原さん1

尋常じゃない肺活量で
空気を吸い込むという特徴があった。続きを読む

東京のお世話になっている方に
持っていくお土産で
うってつけのものがある。

表こころブログ_贈り物もらい物

共楽堂のひとつぶのマスカットである。

これは本当に絶品。
砂糖でまぶしていながら、
中のマスカットがみずみずしくて
とてもよくマッチする。

砂糖菓子って基本的に
癖が強いのに、これは成功例。

表こころブログ_つむじが2つある4

どこかの某県知事がごり押ししているのか
広島土産はどれもレモンまぜこぜ

そのなかでも、
このひとつぶのマスカットだけは
間違いがなかったのだけど、
残念ながら期間限定となってしまった。続きを読む

「学歴」「家柄」「見た目」
この3つは自慢しても
一つも良いことがない
とは私の人生で得た教訓である。

自分を過度にアピールしても
いいことがない。

大学時代の友達に、
のり子という友人がいた。

表こころブログ_マウンティングされるよりも見下されるほうがいい1

韓流スターみたいな綺麗な女の子。
続きを読む

大学時代、
成人の領域(看護科の一部)に
やたらと体を触れてくる教員がいた。

表こころブログ_レズビアン教授タッチ1j

それをある学生は
「あれはレズだ」
だなんて噂していた。

それがタッチ立川との出会いであった。
続きを読む

あれは、学生時代。

長く続く実習の最初らへんの
ことであった。

そこは慢性期病棟で、
私はある骨折の患者さんを
受け持ったのだけど、
そこの看護師長が、
いわいるパワハラだった。

他に人にはニコニコなのに
私には圧が強い
表こころブログ_パワハラ看護師1j

続きを読む

あれは大学時代の
実習のことだった。

それは精神看護の一環で
デイサービスの施設に
お邪魔をした。

入院病棟とは違って
普段は家で過ごせるけど、
定期的に集って様子観察をする
患者様が対象だ。

そこはとてもフレンドリーな
雰囲気だった。
続きを読む

私のオシャレ偏差値は
いちじるしくよろしくない
ことは以前書いた。

駅前パンツスケスケ事件

そんななか、私が出した目標は一つ。

表こころブログ_おしゃれ失敗1j

「オシャレな人と
思われなくてもいい」

「いつも同じ服を着ている人と
思われたくない」

続きを読む

看護学生時代のことである。


ある高齢者施設の
私の受け持ちの患者さんは
本当に、本当に人格者だった。

意外と知られてないのだけど
認知症というのは記憶だけでなくて
人格が変わってくることもある。

ふだんは温厚だったのに
怒りっぽくなったり。


その患者さんは人がよかったので、
かえって食事で困ったことがあるのだ。

表こころブログ_認知症食事混ぜるj

※認知症の患者さんで
食事を混ぜることが多々ある。
続きを読む

↑このページのトップヘ