統計医学修士 + 占い師(手相+人相+四柱推命+タロット)
個人鑑定依頼は → tesoninsoあっとgmail.com(50分3000円)
遠方の方の占いは → https://coconala.com/services/877602 (四柱推命3000円)

アダルトな話

都内の人は本当に
視線を合わせてこない、

逆に広島の人は電車の中であれ
街中であれじろじろ
見てくると何度も書いた。



しかし、そんな東京でも唯一の例外があった。

豊島区池袋である。

表こころブログ_池袋の大人のお店が迷えるおじさん1

男性ならお分かりだろうが、
池袋は男性向けの遊び場がたくさん。

この場合の遊び場とは
キャバクラの類でないことは注意されたし。

ましてやレゴランドなどではない。
続きを読む

ある健康ランドの話である。

公衆浴場、もしくは
スパとも言うだろうか。

そこに以前、ウズ子と
行った時のこと。

ウズ子とは・・・性欲の権化である女性。
記事参照


そこは温泉に入ったあとで、
フリースペースで眠ることができる。
私とウズ子はそこで眠ることにした。
続きを読む

中高時代に心酔した
心理学者S先生の本に書いてあった。

好きな女性もしくは、
気になっている女性の前だと、
男性は声が低くなると。


普段の喋り方より
ワントーンほど
声が低く話してしまうそうだ。

このことは私の統計上、
当たっていると思う。

かつて、
くまのプーさんににている友人男性が
意中の人を前にした時

表こころブログ_男性が声が低くなる心理学1

いつも声が低くなっていた。
他にもある女好き男が
可愛い女の子を前にした時
いつも声が低くなっていた。
続きを読む

私の高校時代の友人で
モンキーちゃん
呼ぶ女の子がいた。

見た目は派手だけど、
とてもおとなしい。
喧嘩をしない女の子。

表こころブログ_ヤリスギ政所河合塾1

「人はみかけによらぬもの」
とはまさにこのこと。

しかし、彼女
実は裏の顔があった。
それは不特定多数の
不純異性交遊
である

表こころブログ_ヤリスギ政所河合塾2

「人はみかけによらぬもの」
の裏を裏をかく女性だった。

続きを読む

いとこが一時期、
「クレイジー」
という言葉にハマっていた。

表こころブログ_せいこうしょうに代わる隠語1
↑ボブ・サップの隠し子と言われたいとこ(女)

外にいる猫にも
「クレイジー」
遅れてきた焼肉の注文にも
「クレイジー」
子供というのはハマった言葉があると
何度も使ってしまうものだ。

私も酒の席で気に入った
単語は何度も繰り返してしまう。

「めくるめく」
「起承転結」
など。

そして、マイブームに関係なく
私が重用をしている言葉ある。続きを読む

※この記事は私の手違いで
昨日未完成のまま公開されたものです。


私はこう見えてアロマ好きだ。

パルコの開運館で働いていた時から
アロマをよく店内に焚いていた。


表こころブログ_イランイラン安眠1j

その中でも特に好きだったのは
アロマのイランイラン。


眠る前にもよく炊いていた。続きを読む

広島市内にとても安くて
腕のうまいマッサージがある。

入り組んだ路地に
ひっそりとある個人店だ。

表こころブログ_ダメマッサージ1j

どちらかというと
広島の中でも
治安の悪い繁華街。

友人と一緒に
そのマッサージにいった時の話。
続きを読む

某都市にびっくりするほど
安くコンタクトを処方してくれる
眼科がある。

激安コンタクト


こんな広告が
まだ高く見えるほど
驚きの安さでコンタクトを売る眼科が。

そこの病院で見た驚きの光景。
続きを読む

↑このページのトップヘ