統計医学修士 + 占い師(手相+人相+四柱推命+タロット)
個人鑑定依頼は → tesoninsoあっとgmail.com(50分3000円)
遠方の方の占いは → https://coconala.com/services/877602 (四柱推命3000円)

アダルトな話

ある健康ランドの話である。

公衆浴場、もしくは
スパとも言うだろうか。

そこに以前、ウズ子と
行った時のこと。

ウズ子とは・・・性欲の権化である女性。
記事参照


そこは温泉に入ったあとで、
フリースペースで眠ることができる。
私とウズ子はそこで眠ることにした。
続きを読む

中高時代に心酔した
心理学者S先生の本に書いてあった。

好きな女性もしくは、
気になっている女性の前だと、
男性は声が低くなると。


普段の喋り方より
ワントーンほど
声が低く話してしまうそうだ。

このことは私の統計上、
当たっていると思う。

かつて、
くまのプーさんににている友人男性が
意中の人を前にした時

表こころブログ_男性が声が低くなる心理学1

いつも声が低くなっていた。
他にもある女好き男が
可愛い女の子を前にした時
いつも声が低くなっていた。
続きを読む

私の高校時代の友人で
モンキーちゃん
呼ぶ女の子がいた。

見た目は派手だけど、
とてもおとなしい。
喧嘩をしない女の子。

表こころブログ_ヤリスギ政所河合塾1

「人はみかけによらぬもの」
とはまさにこのこと。

しかし、彼女
実は裏の顔があった。
それは不特定多数の
不純異性交遊
である

表こころブログ_ヤリスギ政所河合塾2

「人はみかけによらぬもの」
の裏を裏をかく女性だった。

続きを読む

いとこが一時期、
「クレイジー」
という言葉にハマっていた。

表こころブログ_せいこうしょうに代わる隠語1
↑ボブ・サップの隠し子と言われたいとこ(女)

外にいる猫にも
「クレイジー」
遅れてきた焼肉の注文にも
「クレイジー」
子供というのはハマった言葉があると
何度も使ってしまうものだ。

私も酒の席で気に入った
単語は何度も繰り返してしまう。

「めくるめく」
「起承転結」
など。

そして、マイブームに関係なく
私が重用をしている言葉ある。続きを読む

※この記事は私の手違いで
昨日未完成のまま公開されたものです。


私はこう見えてアロマ好きだ。

パルコの開運館で働いていた時から
アロマをよく店内に焚いていた。


表こころブログ_イランイラン安眠1j

その中でも特に好きだったのは
アロマのイランイラン。


眠る前にもよく炊いていた。続きを読む

広島市内にとても安くて
腕のうまいマッサージがある。

入り組んだ路地に
ひっそりとある個人店だ。

表こころブログ_ダメマッサージ1j

どちらかというと
広島の中でも
治安の悪い繁華街。

友人と一緒に
そのマッサージにいった時の話。
続きを読む

<本記事は占いの館の申告により実際の人名を伏せています>

占いというのは
どうしても性の奥深い問題を
扱うときもある。

それにつけてもだ。

若い女の子への
性的な話は気を付けるべきだろう。

なぜなら私が
いやな経験を何度かしたから。

kaokokoro76-3j

続きを読む

↑このページのトップヘ