顔と心の毎日 by表こころ

占い師の日常を漫画にしました!

統計医学修士 + 占い師(手相+人相+四柱推命+タロット)
対面・電話鑑定は → tesoninsoあっとgmail.comまで(30分5000円)
遠方の方の占いは → http://kaokokoro.blog.jp/archives/40644319.html

コラム(文章)

昨日の昼前、急遽あるニュースが入ってきました。
ここを読んでいる方のほぼ全員がご存知かと思いますので、具体的な経緯は伏せたいと思います。
そしてその結果、かつて内閣総理大臣を務めた安倍晋三氏が、昨日夕方に亡くなりました。

あまりに急なことで心にぽっかり穴が空いたような気持ちです。
昨日は一日気持ちが落ち込んでいてしまいまして、本日も暗い気持ちが続きました。
あまり訃報についてはブログに書きたくないのですが、このモヤモヤした気持ちに整理をするために、完全に私のために、ここに色々書きたいと思います。

昨日リアルタイムの報道で、救急隊が到着した際も、ドクターヘリに乗せられた際も、心肺停止だったことから生存率は極めて低いのではないかと思いながら見守ってました。
夕方に発表があったのは、おそらく、家族のご到着に合わせて、関係者が正式な公表をしたからではないでしょうか。医療スタッフの方々の心配りを感じます。
そしてその訃報に対して、各国の首脳から送られた弔電から、いかに安倍さんが周りから信頼をされ、国家間の関係に寄与していたかが伺えます。

安倍さんはアメリカ・韓国に対して腰を曲げつつ、中国・ロシアという難しい国との外交にも十二分な成果を上げました。
私は在命中、一度でも安倍さんをお見かけすることは叶いませんでしたが、人柄の良さ、誰とでも分け隔てなく接し、目の前の人を大切にする姿勢は報道や映像でよく伝わってきました。

IMG_7393

亡き祖父や、お父さまの政治家一家の育ちの良さが育んだ人柄ゆえでしょうか。家族から学んできた人たらしの帝王学ゆえでしょうか。
どちらにしろ、柔らかな姿勢で周りに敵を作らない一方、憲法改正など『国をこうしたい』という信念を固く持った人でした。

在任中には、日本国の実質賃金が下がったことも、モリカケ問題、桜問題など、政治の上での失敗もありましたが、バブル崩壊後初の株価上昇、現役のアメリカ大統領の広島訪問など、歴代首相が成し遂げられなかった成果を上げました。


現在、日本は現政府の強硬な対ロシア政策で、ロシアから完全に敵対国に指定されていました。
もしも安倍さんが首脳でしたら、ロシアにも柔軟に対峙し、対ウクライナにも厚い支援をする器用さがあったのではないでしょうか。
そう思うと大変残念です。

想像にはなりますが、安倍さんの政治プランは、アメリカ・韓国の資本主義圏との外交を深め、中国・ロシアの共産主義圏とも柔和に付き合い、他国からの警戒心を最大限下げたうえで、日本が自らの国を守る力を強めるための憲法改正を成し遂げることだったのではないでしょうか。

これは優れたバランス感覚と、生粋の人柄の良さ、そして確固たる信念がないとできないことでした。
そしてその7割を達成していた安倍晋三氏。このような実績は日本史上を見渡しても例はなく、ずば抜けた才能を持っていたことが伺えます。
安倍晋三、傑物といえる人物だったでしょう。今回は本当に、悲しいことです。
そして本当に長い間、お疲れさまでした。


政治家ですので、今までの活動に、いろいろなご意見がある思います。
それでも私は彼に対して哀悼の意しかなく、思春期の多くをこの総理で過ごした私はここにその功績を書きたかった。



↓クリックくだされば励みになります
 

昨日行われた衆議院選挙で自民党苦境の中、第一野党である立憲民主党は議席を大きく減らす結果となりました。それに責任を感じた党代表の枝野幸男氏が辞意表明をしました。


まずは4年間にわたる党の発足、代表就任、お疲れさまでした。本日はそんな枝野氏の政治生命と運勢を見ていきましょう。
続きを読む

1.自民党総裁選を制して


2021年、自民党総裁選において対抗馬であるワクチン接種担当大臣の河野太郎氏を破り、決選投票で自民党総裁に選出された岸田文雄氏。その後、本日10月4日に召集する臨時国会での新総理に指名され、岸田内閣が誕生した。

そこで本日は、記念すべき、第100代内閣総理大臣への道筋が立った岸田文雄氏について述べていきたい。

第100代内閣総理大臣岸田文雄

なお、岸田氏の占いについては後日書くとして今回は占い抜きで考察をしていきたい。

続きを読む

現在、全世界で新型コロナの驚異が報告されており、我が国の首都でも罹患者の推移は減ることなく、第三回目の緊急事態宣言も延長となった。平時はにぎやかな都内も、群衆が一様にマスクをしてうつむきながら歩く中で、物々しい雰囲気に包まれている。
そんな東京で予定されているのが、去年より一年延長となった東京オリンピック2020。

本日はそんな渦中の帝都・東京において東京オリンピックが中止となるのか、そして帝都の女帝・小池百合子が東京オリンピックを中止要請をするのか、検討したいと思う。

表こころブログ_東京オリンピック小池百合子2020

現在、第二期目の都知事を勤めている小池百合子は、おそらく憲政史上で最も民意を抱きかかえるのが上手な政治家である。
いま国民が何を求めているのか、時代の潮流はどう動いているのか、機敏に察知して勝負に出る能力は全政治家の中で群を抜いている。
しかしそれは小池氏に民意を求心させる力を持つというよりも、民意に対して容易く自分の主張を変えられると言った方が正しい。小池氏の政治は「日本の悪いところを変えたい」「日本の良いところを守りたい」そのどちらも見えてこないのである。

今年、オリンピック委員会、森会長の「女は会議が長引く」発言で世界中からのバッシングを得た際、小池氏は予定されていた会議を休んだ。
「今出席してもポジティブな発言にはならない」と涼しげに語れるのは魑魅魍魎の政治を渡り歩いた女戦士ならではの言葉であろう。キャスター時代の経験からか、メディア受けする言葉も熟知している。

しかしながら民意を察知する力は、生まれ持ったセンスも問われる。小池氏には抜群のセンスがあった。予想以上に膨張した森会長のバッシングを最も上手に活用できたのは、海外メディアでもなく、野党でもなく、小池氏だったと私は思う。
この人は民主主義が生んだ化け物なのかもしれない。とも感じた。

そもそも小池氏の政治家参入のきっかけはいつかなのか。他でもない55年体制の崩壊となった細川護煕氏の非自民党政権の連合があった1993年である。
小池氏は細川氏の新党立ち上げに伴い、政治の世界に身を投じて以来、政界渡り鳥として活躍しており、支持母体が今一つ安定しない。彼女の強みは組織票に囚われない、浮動票の抱きかかえる力である。
であれば、その小池氏が東京オリンピックに対して「No」と言うのは国民のオリンピック反対ムーブメントがピークに達した時だろう。

オリンピックまで開催三か月前となった。本来なら開催都市が率先してオリンピックの準備について公開する時期であるが、都民ファーストの会が最大多数を占める都議会は沈黙を保っている。
あるいは小池百合子氏が「No」を言うタイミングは、都内の感染者が最多となった時かもしれない。週刊文春の報道によると、小池氏は都内の感染者報告が多い日は機嫌がよいようだ。目立つことが好きだから。


では仮に、小池氏がオリンピックの中止を要請した場合はどのような動きになるだろうか。これは正直検討しづらい部分だ。

ただ一つ確かなのが小池氏はかねてより、東京都知事の立場に飽きている様子があるという点である。この人は民意を抱きかかえたところで、『このような政治をしたい』、という気概がほとんど見えてこないのだ。
望むのはただ、政治家でありたい、女性初の大臣でありたい、女性初の都知事でありたい。出世欲の鬼だ。その最終地点は簡単に予想できる。

かつて、第48回衆議院選挙で、小池氏は「憲法改正」を是とする新党を発足し、それをダシに自民党と呼応し与党を目指した。自民公明そして希望の党と鼎立与党を目指すために。
全ては憲法改正を条件に、自らを代表にせしめ、女性初の総理大臣になるために。しかし、その後の結果は衆目の知るとおりである。

このような流れから察すると、今後東京オリンピックへの動向を担う可能性として高いのは、かねてより不仲だった現総理大臣・菅義偉に対してバッシングをし、自民党不人気のムーブメントを煽ることだ。
この時、もしこれが義憤あふれる日本史や中国史の英雄であれば、菅義偉氏だけではなく、そのバッグにいる黒幕・二階俊博氏もろとも亡き者にしようと行動する人もいてもおかしくないだろう。皇帝曹芳と闇将軍司馬懿もろとも亡き者にしようとした忠臣・王凌のように。

しかし、それは小池氏にはありえない。あくまで菅義偉氏に対してバッシングをし、その後ろにいる二階俊博氏とは密に繋がっているとアピールする必要があるのだ。
かつて、自民党都連と都民ファーストの会が争った際に、小池氏は自民党の影のドンと言われた二階氏と自らが繋がっているのだと、自民党都連に牽制したように。
去年、中国武漢で新型コロナウィルスが発生した際、親中派の二階俊博氏の顔色を伺いながら真っ先に都庫の防護ガウンを十万着、中国に寄付したように。

表こころブログ_小池百合子

菅義偉氏の国民人気は低下の一途である。そこで小池氏は菅義偉氏のバッシングをして、強引にオリンピックを推進する氏を悪者にしたてて、オリンピックを辞めさせた自分を正義に仕立てる。
かつて、自分が都知事になったときに、自分へのバッシングの復讐として、歴代都知事のひび割れ都政を衆目のもとに晒し上げたように。

ついで、その屋台骨である自民党を揺らして、今年の衆議院選挙で議席を半数以下に留める。自民党は公明党と手を組んでかろうじて議席を過半数に留めるかどうか。そこで、小池百合子氏が憲法改正をダシに自民党と手を組み、女性首相誕生を条件に党首となる。

鍵を握るのは、小池氏、二階氏、そして3度目の正直で憲法改正を狙う安倍晋三氏であろう。その立役者の面々に現総理大臣はいないのである。

ただ、このプランは限りなく画餅であろう。かつて民進党を巻き込んで作った希望の党がガタガタのうちに崩壊したように、いくら二階俊博氏と小池氏が繋がっていても連携は難しいのではないのか。

私がそう考えるきっかけがあった。東京に来て出会ったある自民党議員は小池氏についてこう評したのだ。
「あいつは生意気だ」
「だから自民党から追い出されたんだ」
それは政界渡り鳥の定めを集約した言葉だった。民意を抱きかかえ、機敏に動くことは得意でも、組織で足並みをそろえることが難しかったのであろう。
細川護熙氏も小沢一郎氏も、そして小泉純一郎氏も彼女に権力を与えすぎた。彼女はいくつもの政党で選挙上手な代表の元で選挙の帝王学を学んだ。国民からの票を集めればそれでいい。パフォーマンスばかり映えてて中身が伴わなくてもいい。彼女だけが悪いのではない。民主主義の限界がここにはある。
どちらにしても、小池氏にとって、もはや東京オリンピックは、なされるかなされないかの問題ではなく、それについての国民の総意が、どのように自分の政治生命に活かせるかという点にフォーカスを絞っている。
そしてそれを「中止」とするときは、意味もなく横文字を使って「都民のライフを尊重したく思います」などと言うのであろう。これぞコイケユリコノミクス。

「TOKYO2020」ののぼりが一つ、また一つと都内の路上から下げられていくなかで、天空にそびえるような都庁の上から虎視眈々と日本国首都の女帝は見下ろしているのである。



↓クリックくだされば励みになります。
 

↑このページのトップヘ