顔と心の毎日 by表こころ

占い師の日常を漫画にしました!

統計医学修士 + 占い師(手相+人相+四柱推命+タロット)
対面・電話鑑定は → tesoninsoあっとgmail.comまで(30分5000円)
遠方の方の占いは → http://kaokokoro.blog.jp/archives/40644319.html

表こころが占いに潜入

昨日までのつづき





表こころブログ_スピリチュアル占いに行った話後編1


東京に行く前にも
その占い師に見てもらいました

彼女は自分の師匠が東京にいると
その名前を教えてれました。

それが上の名刺の名前の方です。

「私の比じゃない」
「でもお高いですよ」

という言葉とともに。

表こころブログ_スピリチュアル占いに行った話後編2

本人の許可を取っていないので
ここで紹介していいか分からないですけど
youtubeも一般公開している方です。

このブログを見てくださる都内の方は
もう鑑定されたことがある方も

いるかもしれませんね。

料金は一時間一万円のようですね。
中央区京橋にオフィスがあるようです。
PRでもない上、受けたこともないので
「おすすめ」という形はとりません。

でも私のお客さんの話聞いていると
「そこまで出せるし」「霊感占い大好きっ」
って人も多いので興味があれば。

もし、この先生に見てもらった方
今後見てもらう方、
その感想をぜひ知りたいです。

tesoninsoあっとgmail.com まで
(あっとを@に変えて)
教えてくだされば幸いです。




↓クリックくだされば励みになります。
 

前回のつづき



表こころブログ_スピリチュアル占いに行った話中編1
表こころブログ_スピリチュアル占いに行った話中編2

「人事の中に頭の固い人がいる」
という結果は統計占いでは出せない
スピリチュアル占いならではの内容だ。


結局、私はこの占いの前にも
この占い師の元に何度も通い
合計は4回は見てもらった。

スピリチュアル占いとは
そういった依存心を
誘発する魅力があるのだろうか。

藁にもすがる人の気持ちっておそらく
こういうことなのね。

つづく



↓クリックくだされば励みになります。
 

表こころブログ_スピリチュアル占いに行った話前編1
表こころブログ_スピリチュアル占いに行った話前編2

占いは大きく分けて二つあります。

四柱推命、手相、算命学、占星術などの
統計占い。

もう一つはオーラや前世占いなどの
スピリチュアル占い。


私はスピリチュアルは一切できないので、
知人から聞いた
「あそこのスピリチュアルは当たるよ」
という言葉を信じて悩み相談に行ったのでした。

その先生はダウンジングと
タロットカードの人でした。

さて、結果はどうなったのでしょうか。
つづきます。

注意・いつもの記事のように「この先生誰ですか?」という質問には一切答えられません。



↓クリックくだされば励みになります。

断言する。

この記事をかいている
2020/04/23現時点で、
都内の占いはほとんどおやすみだ。

YURIKOが
首都ロックダウン宣言をして

表こころブログ_小池百合子

政府が緊急事態宣言を
する前の頃でしょうか。

私は都内の占い師さんたちの
動向を調べていました。

表こころブログ_都内の占いはいま1

迷惑極まりないゲリラ訪問で。

そのうち、すごく元気を
もらったのが、
某銀行店舗のあるビルの
隣のビルの占い屋さんのお姉さん。

お姉さんは断言した

表こころブログ_都内の占いはいま2

「こんな事態を誰が予想した!」
続きを読む

先週の金土日に
原宿の母と呼ばれる
菅野鈴子先生が、
広島に来られて、
鑑定イベントを開かれた。
(菅野先生は広島のご出身)


そこで、友人と
菅野先生に鑑定してもらいに
広島サンモールへとかけこんだ。

kaokokoro原宿の母1j

続きを読む

私が勤務している
開運館E&Eでは
広島以外にも、
東京にも支社がある。

先月の東京旅行で
本部の挨拶はもちろん、
出来れば店舗にて
突撃訪問したいなと思い、
ぶらりと数店舗訪れた。


その中でも、
特に人気の占い師さんが
いらっしゃるという
池袋エチカ
(池袋駅西口の地下街)
の開運館に行ってみた。

eej



続きを読む

<本記事は占いの館の申告により実際の人名を伏せています>

占いというのは
どうしても性の奥深い問題を
扱うときもある。

それにつけてもだ。

若い女の子への
性的な話は気を付けるべきだろう。

なぜなら私が
いやな経験を何度かしたから。

kaokokoro76-3j

続きを読む

私の所属する占いの館の会社は
市内有数の商業施設に
テナント契約するのみでなく、
さまざまな素敵な先生がいらっしゃる。


M先生もその一人。

kaokokoro68-1j

この前、そのM先生に
見ていただいたときのお話。

続きを読む

↑このページのトップヘ