統計医学修士 + 占い師(手相+人相+四柱推命+タロット)
個人鑑定依頼は → tesoninsoあっとgmail.com(50分3000円)
遠方の方の占いは → https://coconala.com/services/877602 (四柱推命3000円)

占い

朝から鮮烈なニュースが
飛び込んできました。

木村拓哉と工藤静香の長女・cocomiがデビュー。

木村拓哉と工藤静香の長女cocomi

おととしすでにデビューしてきた
次女のkokiちゃんに続いてのようです。



さっそく、
長女のcocomiちゃんも見てきましょう。
続きを読む

今年に入ってから、
都内の物件を吟味していた。

私が譲れない条件は
・3階以上であること
・住居から見た職場が吉方位であること
・新築20年以内であること
表こころブログ_風水的な理由で物件を諦める1

だからかなり難航していた。

ある不動産でおすすめされた物件。
そのマンションは
神社が周囲にあった。

不動産屋さんは
かなりそれをプッシュして。

神社も隣にあって
 罰当たりなことできませんから
 治安もいいですよ」

表こころブログ_風水的な理由で物件を諦める2

なんておっしゃった。

しかし、私的にここは
有り得ない場所だった。
続きを読む

現在、世界各国で
コロナウィルスが大流行です。

こちら広島では
いまだ感染者が出ていないこともあり
「東京ではとにかくコロナが怖い」
ともっぱらの喧伝です。

コロナウイルス

しかし、ここで注目すべきは
東京のみならず、北海道から沖縄まで
地方都市でもコロナの流行がみられること。

では、コロナウイルスを
占い師かつ、医療従事者の私は
どう見立てるのでしょうか
続きを読む

かつて占いの館で
働いていたときに
同僚の女性がこう愚痴った。

表こころブログ_占いで大切なのはしゃべるバランス聞くバランス1

「手相いっこじゃ喋ることない」
「どうやって間を持てばいいか」
それが悩みだという。


しかし、私は思う。
大切なのはどうやって
しゃべり続けるかではない。

4年私が占いをしてきて
お客との鑑定で一番大切なのは
しゃべることと聞くことのバランス
だということにたどり着いた。
続きを読む

さてさて、
かねてより広島の一見さんには
占いの時に黙り込む
お客様が多いと書きました。

そこでこのたび
ついに鑑定前の注意事項として
ラミネートを作りました。

鑑定資料_だまりんこ

どうですかね?
これで少しは鑑定で
話しやすくなりそうですか?

鑑定が始まる前に
お見せしたいと思います。

自分の本音で語ることは
けして恥ずかしいことではない。

それが伝わればいいのですが。
なかなか実感ができない方が多いようなので。

その人のお悩みについて
鑑定時間内いっぱいに
私は全力を注いでおります。

それは胸を張って言えます。

そのためには何が悩みなのか
堂々とぶつかってほしい。

不倫をしていることも
すぐわかるんだし。


ほかにはこちらも作ったり

鑑定資料_お断り条項

こういった注意事項が
お客様への満足度向上につながり、
私が占いを長続きできるように
なればいいな。


ちなみに、
精神的事由と
実現不可能な有名人のくだりは
完全にクレーム対策です。


某デパートで働いていたときから
「書こう」「書こう」
とおもっておりました。

ということはそういう人が
あまりに多かったということです。



↓クリックくだされば励みになります。

この度、衝撃的なニュースが
飛び込んできました。

東出昌大唐田えりか1

東出昌大と唐田えりかが不倫。妻で女優の杏とのおしどり夫婦が有名ななかで、妻妊娠中にも関わらず3年の不倫愛を育む。
週刊文春
ということで、
本日は渦中の東出くんを
見ていきましょう。
続きを読む

人相学の
一番有効な部分は
初対面の人相手に
「あ、この人は××だから注意しよう」
とあらかじめ
準備できることである。

今回はキレやすい人、
頭に血が上りやすい人の
顔における特徴を
紹介したいと思う。

表こころブログ_キレやすい頭に血がのぼりやすい牛鼻2

キレやすい人。

それはずばり、
牛鼻と呼ばれる
鼻をしている人である。

表こころブログ_キレやすい頭に血がのぼりやすい牛鼻3

牛鼻(うしばな)
下から鼻の穴を見たときに
鼻の穴が内側を向いているのではなくて
外側を向いている人はキレやすい。

いままでこういった顔の人を
身の回りで思い起こすと
・ある広大男子医学生
・ヌートリア教授
・鳥取からきた女性講師
・同種異職場での女性
このような人たちが該当する。

これらはいずれも
ブチ切れやすい人であった。

ではその特徴について見ていこう。
続きを読む

みなさま、2020年となりました。

2019年、昨年は
大変お世話になりました。

修論発表。
大学院卒業。
東京の夢挫折。
再び東京の夢。

こうして、みなさまに
ご報告できることをうれしく思います。

さて、かねてより
四柱推命や九星気学等では
新年が空けるのは2月4日と
言っておりますが、
少しはやめに2020年は
どのような年になるか見ていきましょう。

2020庚子

西暦:2020年
元号:令和二年
干支:庚子

「庚」
十干ナンバー7
五行は金
陰陽は陽

強い金属。刀剣に該当する鋭い金属です。
乙と干合をし、そのまま金を保持する。

「子」
十二支ナンバー1
五行は水
陰陽は陽

丑と支合をし、冷たき土となります。
子にはネズミという意味のみならず
種子が核に命を宿している様子を表す。


今年は庚子(かのえね・こうし)

鋭い刃で新しい時代を
切り開く様子を表します。


物事の終焉があった昨年、
今年はその新しい物事が、
日本においても、
ご家庭においても、
個人においても表すでしょう。

三国時代、最後の帝国であった
孫呉が滅びたのもこの庚子でした。

どうぞこの一年が
みなさまにとって
よきお年となりますように。



↓クリックくだされば励みになります。

↑このページのトップヘ