統計医学修士 + 占い師(手相+人相+四柱推命+タロット)
個人鑑定依頼は → tesoninsoあっとgmail.com(50分3000円)
遠方の方の占いは → https://coconala.com/services/877602 (四柱推命3000円)

テレビ・芸能人

朝から鮮烈なニュースが
飛び込んできました。

木村拓哉と工藤静香の長女・cocomiがデビュー。

木村拓哉と工藤静香の長女cocomi

おととしすでにデビューしてきた
次女のkokiちゃんに続いてのようです。



さっそく、
長女のcocomiちゃんも見てきましょう。
続きを読む

パラサイト 半地下の家族

映画パラサイトネタバレなし

今作のあらすじ
キム一家は家族全員が失業中で、その日暮らしの貧しい生活を送っていた。そんなある日、長男ギウがIT企業のCEOであるパク氏の豪邸へ家庭教師の面接を受けに行くことに。そして妹ギジョンも、兄に続いて豪邸に足を踏み入れる。正反対の2つの家族の出会いは、想像を超える悲喜劇へと猛スピードで加速していく……。
>>https://eiga.com/movie/91131/より
総合評価:75点 / 100点

物語:☆☆☆
映像:☆☆☆☆
配役:☆☆
感動:☆
笑い:☆☆☆☆

見てきました、アカデミー賞3部門を総ナメにした韓国映画パラサイト。さっそく、ネタバレのないレビューをしたいと思います。これから映画に行こうかどうか考えていらっしゃる方の参考になれば。



1.前半と後半で構成が違う

前半はドラマチックコメディ、韓国ドラマお得意のどろどろお家騒動を前面に押し出しつつ、それを冷静に俯瞰したような乾いたコメディを内包させている。
キム家の長男がお抱えの家庭教師になってから間髪入れず、すでに雇われている運転手やお手伝いさんを次々と富豪パク家から切り離し、代わりに自らの家族を送り込む。大仰な音楽とカット割りが相まって何度も笑える 。

そういう意味では前半は恵まれない者たちの成り上がり譚としてかなり面白い。あの手この手の工作にワクワクが止まらない。
劇中、富豪である家族は高い位置に住み、高い位置に寝る。対して貧困している主人公家族は低い位置に住み、低い位置に寝る。このような高低の構図が彼らの身分さを上手に暗示している。

表こころブログ_パラサイト

この奥さんの「オモッ」を合図に、物語はどんどん面白くなる。



2.しかし後半からやや失速

ドラマチックコメディから一転、後半はサスペンスに。
かつてアカデミー賞受賞前に、この作品の感想を聞かれた松本人志は「前半は面白かった」と言っていた。

表こころブログ_ダウンタウン松本人志

私もそれを覚悟で見たが、なるほど、後半は通り一遍等のサスペンスとなってしまった。しかも、これはあくまで韓国映画。ハリウッド映画のおさだまりを沿ってないサスペンスだからイマイチ腑に落ちない。ネットのコメントでは伏線は全部回収したというが、果たしてどうか。息子のモールス信号解読どうなった?不動産目録や収入証明書は?

しかしこの映画がアカデミー賞を受賞するには後半のサスペンスが不可欠だったのだろうと思う。前半の簒奪劇だけでもずいぶんと見ごたえがあったのだけど、社会性映画を大切にするアカデミー賞には後半のサスペンスがいかんせん必要だったのだろう。
あとこれ前半と後半で主人公変わってるよね?そこも軸がぶれている感じがしている。後半をもっとテンポよくしたらよかったのに。映画を見終わった後もモヤモヤが続くものだった。





3.ダブルミーニングとなった「パラサイト」

まぁ、正直松本人志のコメントで、オチはだいたい読めた。
とにかくパラサイト(寄生するもの)という映画なのだ、これは。これだけでもどういう意味か勘がいい読者なら分かると思う。それと「半地下の家族」という名前もいいね。「地下」じゃないんだよ。

作中でてくる「やっぱり信頼できる人の紹介でないと」と縁故採用の愚に気づこうとともしないお人好しのマダム。まさに広島の縁故採用団体Gの管理職・三好に聞かせてやりたい。この対極にあるのが作中、唯一実力でその職を得た妹。その妹も結局はコネを入り口としていた。実力があって頭がよくて、それでもコネなしでは就職はできない。この妹の顛末は胸に刺さりますね。

もうひとつ書き忘れてはいけないこと。
この映画では複数の家族が入り乱れるが、これぞまさに儒教王国の韓国ならではの光景だろう。
もしこれがアメリカ映画なら、お兄ちゃんの同級生の金髪娘か、ハッキング能力のあるちょいワルなイケメンティーンが登場して、家族というものにフォーカスが当てられなかった可能性がある。中国もそうだけど、アジアの一部では一族至上主義で、親戚総動員した人海戦術がお家芸なのだ。まさに家族にパラサイトする家族。ここがアカデミー賞評価の所以か。
貧富の格差だけでなくて、こちらの部分も注目してほしい。

総評は75点。
興味があるならみて損はないレベル。



↓クリックくだされば励みになります。

さてさて目まぐるしく変わる芸能人界。

とりわけ美貌をウリにして
活躍をしている俳優の類は
新陳代謝の良さに驚かされます。

私の心の恋人こと、
竹内涼真君も
友人から「最近見ないよね」
なんて厳しい指摘がありました。
続きを読む

この度、東京旅行で
数件、来年の職場の面接に行った。

表こころブログ_ユーミンマクドナルド出没1

いままで東京はさ、
新宿とか、浅草とかさ
観光地ばかりめぐっていたけど
今回は所沢とか、さいたま市とか
ちょっと住宅街やベッドタウンに行ったのよ。

その中でも、都内のある住宅街のお話。

続きを読む

アナと雪の女王2

アナと雪の女王2

今作のあらすじ
世界中で社会現象を巻き起こし、日本でも歴代3位となる興行収入255億円を記録した大ヒットディズニーアニメ「アナと雪の女王」の続編。雪と氷に覆われたアレンデール王国に陽光を取り戻し、深い絆で結ばれた姉エルサと妹アナ。氷や雪を操る魔法の力を持つ“ありのままの自分”を受け入れたエルサと、明るいキャラクターが持ち前のアナは、仲間たちに囲まれて幸せな毎日を過ごしていた。そんなある日、エルサにしか聞こえない不思議な歌声により、姉妹は未知の世界へと導かれる。それは、エルサの魔法の力の秘密を解き明かす冒険の始まりだった。姉妹は仲間のオラフやクリストフとともに、数々の試練に立ち向かっていく。
>>https://eiga.com/movie/88655/より
総合評価:65点 / 100点

物語:☆☆
映像:☆☆☆☆☆
配役:☆☆☆☆
感動:☆☆☆
笑い:☆☆


1.前作との連動性が・・・・


昨日観に行ってきました。「アナと雪の女王」の正統続編「アナと雪の女王2」
平日夜ということもあって大きなシアターだったのですが、席は1割しか埋まっていなかった。

前作、大ヒットの終盤頃ついに映画館へ足を運んだものの『これはすごい映画だな』と感動して、公開終了直後すぐにBD&DVDを購入した口です。

今作は正直、うーん65点。

前作では当たり前のように氷の魔法を使っていたエルサが、なぜ魔法を使えるかという謎を解き明かすのだけど、ものすごく後付け感が強い。「えーだってあの時、あのキャラ・・・」なんて前作とのリンクが上手にできていない。矛盾が生じる。おそらくディズニーピクサーの制作陣は「大ヒットしたアナ雪なら続編も当然ヒットするだろう」と踏んで今回の出来なのだと思う。



2.曲についても意見


前作の「Let it Go」に該当するキラータイトルが「In to the Unkown」なのだけど、これはメイン曲としてはちょっと弱い。日本語のごろ合わせも苦しいし。それでなくても、あの森でのクリストフの恥ずかしいMVミュージカル調など、今作は耳障りのいい曲が少なく、ミュージカル調が若干くどく感じる。
私はかねてより日本人のミュージカルアレルギーについて提起しているが、前作が国民に受けたのは、耳になじみやすいキャッチーな曲が多く、ストーリーの絶妙な部分に曲を乗せたからだろう。今作ではその配慮が明らかに欠如していた。加えて、ほどよい天然だったオラフが、今作では知識披露しますキャラとなって登場人物全員をげんなりさせている。



3.神話を踏襲する今作


ただ、前作がいかに素晴らしかったかは制作陣もよくわかっている。
「アナ雪2」では2回ほど、前作のおさらいが流れる。一つはオラフの寸劇(これは爆笑した)。もう一つは物語のクライマックス。このクライマックスは何故かくもアナ雪1が観客の感動を呼んだのか、しっかりとツボを押さえているのだ。ここは感動した。
映像の見栄えについては今年一番だと思う。ただただ綺麗だった。序盤にエルサが氷の魔法を駆使するときは一緒にみた友人が「かっこいい・・・」思わずつぶやいたし。今回はただ氷を作りだすだけではなくて、元となる水という性質に注目している。その結果、映像映えする効果を生み出しているのだ。他サイトのレビューを見ると「ストーリーは無視して映像を楽しみましょう」なんて意見が多い。

表こころブログ_贈り物もらい物5

よくも悪くも前作と比較される定めとなった「アナと雪の女王2」
「君の名は」と「天気の子」と似ているね。
私の邪推ではあるが、いずれ20年、30年経過したときに「アナと雪の女王1は名作だったねぇ」皆に言われ続けるでしょう。その場合、今作のアナ雪2がなかったことにされ、アナ雪1を基盤にリブートされるのではないかと思う。そう、ターミネーターのように。

寸評としては、
アナ雪ファンなら観に行ってもいいとは思うが、
前作並みの期待をする人にはちょっと向かない。

でも、続投してくれた松たか子さんと神田さやかさんに感謝!



↓クリックくだされば励みになります。

元ヤンタレント・木下優樹菜の
タピオカ店恫喝が報道されている。

木下優樹菜恫喝

その裏で木下に対する素行の数々を
一般人が暴露しているようだ。
続きを読む

私が小さい頃、
テレビの全盛期だったのでは
ないかと思う。

その中でもcx系列ビューティーコロシアム
異色であった。

表こころブログ_ビューティーコロシアム4

知らない人に説明すると、
全国にいる自分に
コンプレックスのある人が、
美容整形、
ファッション、
ヘアーメイクの専門家に
手ほどきを受け、大変身するというもの。

続きを読む

みなさんこんばんは。

表こころブログ_芸能界質問コーナーj

今日は少し趣向を変えて
各芸能人に関する
質問コーナーをしたいと思います。
続きを読む

↑このページのトップヘ