前回のあらすじ
表こころブログ_忌まわしい神となった呪いのトリュフチョコ1




湿度の高いキッチンに置いていた
袋の中にあったのは
トリュフチョコの面影もない
大きなチョコの塊であった。

まるで千と千尋の
川の神様のような姿。

表こころブログ_忌まわしい神となった呪いのトリュフチョコ2

『このままでは食べられない』

固まらせないことには
この紙袋にビチビチにこびりついた
チョコは食べられらない。

まるで池袋でナンパしてきた
男なみの粘度。

そのとき、 私のなかでひらめいた。

表こころブログ_忌まわしい神となった呪いのトリュフチョコ3

しかし、堂々と
家で冷蔵庫がないからって
持っていくわけにはいかない。

ことは隠密に。
かつ迅速に。

表こころブログ_忌まわしい神となった呪いのトリュフチョコ4

無事、誰にも見つからず、
ドロドロ川の忌神トリュフチョコを
職場の冷蔵庫に入れられた。

そして数時間寝かせて
冷えてカチコチになったところを

表こころブログ_忌まわしい神となった呪いのトリュフチョコ5

タイミングをみていただくことに。

口をあけて、
ほおばろうとした瞬間

表こころブログ_忌まわしい神となった呪いのトリュフチョコ6

同僚に見つかってもうた。。。

もはや食べる気も
なくなってきたよ・・・。
表こころブログ_忌まわしい神となった呪いのトリュフチョコ7無害

いや、まぁ食べたけども。



↓クリックくだされば励みになります。