四月のこと、
あるいいマンションを
内見させてもらった。


懇意にしている不動産と、
そこのマンションの
管理会社兼建築会社のお姉さんと
物件の前でおちあう。

そのお姉さんね、
都会のクールさを
全面におしだした
鉄面皮のお姉さんだった

表こころブログ_都内高級マンション系列の内見をさせてもらった話1

ふつう内見の時って、
媚びに媚びるものじゃん?
例えばどんなに
お部屋を褒められたら

表こころブログ_都内高級マンション系列の内見をさせてもらった話2

さらに上乗せするみたいな。

でもそのお姉さんは

表こころブログ_都内高級マンション系列の内見をさせてもらった話3

私が何を言っても
「ありがとうございます」
の一点張り。

クールの極みやね。

そのお姉さん曰く、
そのマンションは
高級マンションを手がける会社が
作っているらしく、
おそらく相当潤沢なのでは
ないかと考えられる。

いちいち賃貸の一つなんて
媚びて契約とらなくても
営利に大差ありません。

なんてスタンスなのだろうか。

そこはすごくベランダが広くて、
私が冗談を言うと

表こころブログ_都内高級マンション系列の内見をさせてもらった話4

ピシャッ。

でも、皮肉なことに、
私は嫌煙家だから、
火気厳禁のマンションのほうが
よっぽど嬉しかったのだ。




ある山手線駅徒歩圏内の
これまたリッチなマンションでは、
水商売の多い土地柄か、
案内してくれた不動産の人も
チャラめなかんじ。

表こころブログ_都内高級マンション系列の内見をさせてもらった話5


やたらパソコンを
操作していて
私への案内も
ままならないような感じ。
(私がほかの物件を所望してたから探してくれた)

何を言っても
パソコンとにらめっこ。

でも私がなぜ引っ越すか、
隣の騒音学生カップルの
理由を話した瞬間、

表こころブログ_都内高級マンション系列の内見をさせてもらった話7

パッと顔を上げた。

もう…。
エッチなネタにだけ
食いつく・・・。



↓クリックくだされば励みになります。