私の友達に
TARAKOという女がいる。

彼女の父親は地域の名士で、
家業以外にも様々な事業に
手を出していた。

彼女には姉がいたが、
家業を継いだのはTARAKOだった。

表こころブログ_遺産を相続できる壬辰1


今日はなぜ、
彼女が家業や遺産を継いだのか。
そしてその後の苦労は何かを
四柱推命の観点から説明する。

彼女の生日は
「壬辰(みずのえたつ・じんしん)」
であった。

四柱推命では陰陽五行を見た後に、
支合・干合等の五行のずれを
見なくてはいけない。

表こころ製の干支j
他にも生まれ日と季節の関係
(月令を得ているか)
を見るのが遺産の話になるが、
今日は、一般人の皆様に分かりやすく
説明するためにも
簡単に彼女の生日を
メインに見てみたいと思う。

人にはまずメインの生日がある。
例えば甲子に生まれている人、
丙午に生まれている人など
そのバリエーションは60通りであり
壬辰魁ゴウと言われる、
4パターンしかない特殊な生日なのである。

表こころブログ_四柱推命_魁ゴウ

壬辰は女性の場合、
生家がお金持ちであり、
モテる人が多い。

私の友人で
壬辰の娘さんをみてみれば、
大病院の院長の娘、
IBM幹部の娘。

しかも、いずれも
男に事欠かない。

表こころブログ_遺産を相続できる壬辰2

「壬辰ていいことづくめだねお前さん」
と言いたいところだが、
魁ゴウは女性として強すぎるのだ。

離婚の相、頑固者の才を持ち合わせ、
家庭や仕事、人間関係に
波乱を投じる。

まさに大波に荒ぶる龍。


TARAKOは家業は
二つの施設を持つほどの
隆盛を誇る生家であった。

そのほかにも宿泊業、
賃貸マンション、
駐車場を持つほどの、
資本主義の髄を
極めた父親であった。

表こころブログ_遺産を相続できる壬辰3

そんな父親が亡くなって、
家業とともにいくつもの
不動産を引き継いだのは
次女のTARAKOであった。

そのマンションに父親の妹家族、
つまりTARAKOの叔母が
無料で住んでいることに
疑問を持った彼女は、
世代交代と共に、
ほかの居住者と同じように
今後は家賃をもらうよう交渉した。

表こころブログ_遺産を相続できる壬辰4

叔母はTARAKOを罵倒し
反対したという。

世代の序列としては
同格だった父とその妹に対して
目下の姪がどう叔母に対応するかは
遺産を継ぎしものの
課題であったと思われる。

表こころブログ_遺産を相続できる壬辰5

TARAKOはそうボヤいた。
それが去年の春のこと。

壬辰はたしかに裕福な家が多い、
そして、それを以て次ぐ強さも
持ち合わせている。

しかし、私の邪推にはなるが、
壬辰は生家に翻弄される
運命をもっているようだ。



そう言ったTARAKOは
私に対して常々、
「あんた占い師ならタダで占ってくれ」
としつこく連絡してきた。

表こころブログ_人は怒ったときに1

それはできないと答えたとき

表こころブログ_人は怒ったときに2
↑実際にはこれ以上お見せできないことお互い書いてた。

食って掛かってきた
TARAKO。

何の因果か彼女のセリフを
私が言う羽目になったは
壬辰の仕業だろうか。

表こころブログ_遺産を相続できる壬辰6

悲しきことである。


また、余談ではあるが
魁ゴウは精神を病む人が
非常に多い。

ご注意を。



↓クリックくだされば励みになります。