冬に都内の不動産に言われた

表こころブログ_内見せずに賃貸契約1

「都内は内見をせずに
 決めるぐらでないと
 次が埋まりますよ」


これは半分本当。
半分違う。

そこまで倍率が高い
ということは事実だが、
それを名目に利用して、

「内見できませんここはすぐ埋まりますよ」
とお客を急かして、
半分無理矢理
ダメ物件を契約する
ということがよくあるのだ。

表こころブログ_内見せずに賃貸契約3

この度私は、
都内のギシアン騒音学生隣人のお部屋から、
新しいお部屋へ引越しをした。
前回の部屋が直接内見せずに
違う部屋を見て決めたために
とんでもないお部屋だったことから
私は誓った

表こころブログ_内見せずに賃貸契約2

次のお部屋は
何が何でも内見をしよう。

そして、
内見に明け暮れる日々が始まった。

ロックダウン寸前の
人のいない首都圏内を
西に東に。

表こころブログ_さびしがり屋と東京の優しい人たち7

パラサイトの
貧乏兄弟さながらに、
通信環境の乏しいなか、
候補の物件を見つけては、
職場へのアクセス、
吉方位、
そして大島てる(※)を調べまくった。

だから、あんまり
大きい声じゃ言えないけど、
契約直前までいった
物件も1,2件ではない。

私が渋った物件もあるし、
向こうが渋った物件もある。


そして、最後の最後に
出てきた物件は

表こころブログ_せいこうしょうに代わる隠語5

ものすごく
ピンポイントの物件。

アクセス・築年数・家賃すべてよし。

しかしながら、
内見ができない物件だった。

表こころブログ_内見せずに賃貸契約5

この数ヶ月都内の物件探しに
全神経を注いでいた
私なら分かる。

この物件は
内見するまでに
待っているようだったら、
必ず埋まってしまうと。


だからここで、
表こころ人生最大規模の賭けに出た。

表こころブログ_内見せずに賃貸契約4

なんという愚。

あれほど内見は必要だと
痛い目を見て分かったのに。

占い師表こころ、
この引越しでなんど吉方位を探し、
何度タロットを切ったか分からない。

最後の最後は
私の第六感に
全てを委ねたのだった。


そして、きたる引越しの日。
およびはじめての新居対面の日。

引っ越し業者さんの
トラックで送ってもらい、
新居に踏み入れた。

肝心の新居はというと、

表こころブログ_内見せずに賃貸契約6

大満足でした。

父母に感謝
神に感謝
お客に感謝


P.S.

業者のお兄ちゃんたちも
新居についたとたん

表こころブログ_内見せずに賃貸契約7

感嘆していたのが印象深い。



↓クリックくだされば励みになります。