みなさま、2020年となりました。

2019年、昨年は
大変お世話になりました。

修論発表。
大学院卒業。
東京の夢挫折。
再び東京の夢。

こうして、みなさまに
ご報告できることをうれしく思います。

さて、かねてより
四柱推命や九星気学等では
新年が空けるのは2月4日と
言っておりますが、
少しはやめに2020年は
どのような年になるか見ていきましょう。

2020庚子

西暦:2020年
元号:令和二年
干支:庚子

「庚」
十干ナンバー7
五行は金
陰陽は陽

強い金属。刀剣に該当する鋭い金属です。
乙と干合をし、そのまま金を保持する。

「子」
十二支ナンバー1
五行は水
陰陽は陽

丑と支合をし、冷たき土となります。
子にはネズミという意味のみならず
種子が核に命を宿している様子を表す。


今年は庚子(かのえね・こうし)

鋭い刃で新しい時代を
切り開く様子を表します。


物事の終焉があった昨年、
今年はその新しい物事が、
日本においても、
ご家庭においても、
個人においても表すでしょう。

三国時代、最後の帝国であった
孫呉が滅びたのもこの庚子でした。

どうぞこの一年が
みなさまにとって
よきお年となりますように。



↓クリックくだされば励みになります。