さてさて目まぐるしく変わる芸能人界。

とりわけ美貌をウリにして
活躍をしている俳優の類は
新陳代謝の良さに驚かされます。

私の心の恋人こと、
竹内涼真君も
友人から「最近見ないよね」
なんて厳しい指摘がありました。
そこで今回は
新風を送るイケメン俳優のうち
これからの期待ができそうな人を
ピックアップして語りたいと思います。



1.伊藤健太郎


1997年6月30日生まれ

伊藤健太郎

ほんとに塩顔の極みだよね。
パット見、ひとえに見えます。

伊藤健太郎1

伊藤健太郎2

日主は雨粒ながらも、
強い火を読んでおります。

従児格でしょうか?
しかしながら、官殺がありますので、
出生時刻に庚辛があれば
従児格は破たんとなります。


つまりどういうことかと言うと、
ワガママちゃんですね。

坂口健太郎もそうだけど、
塩顔男子というのはわき役には最高だけど
どうも主役を張ると
物足りなさがあるものです。

今回上げた三名のなかで
もっともブレイクしているのですが、
もしそれが完全に事務所等
バックの力であるのならばそれを
壊さないのが貴重です。

ビートたけし、山田孝之

事務所にそっぽを向かれたのが
逆に運気の上がりどきである芸能人はいますが、
おそらく伊藤さまの場合はそうではないでしょう。




2.三船海斗

1998年12月18日生まれ

三船海斗
個人的にはかなりこの子、推したい。

だって小さいころからして
可愛いじゃないですか。

三船海人1

三船海人2

断言します。

良き妻を得る事ですね。
配偶者の運気が非常に重要になってきます。

35歳までは俳優としての
チャンスはいくらでも降ってきます。

でもこの人、ちょっと家庭運が特殊。
生まれた家が
ものすごく厳しくてでも愛がしっかりあるのか、
甘やかし放題だったけどしつけがなかったのか、
その両極端。

個人的には
田中圭を模範として
20代に焦らないようにすると
いいかもしれません。

あの人もあっさり結婚したしね。
(ただあちらはあまり適正な相性とはいえず)




3.眞栄田郷敦

2000年1月9日生まれ



読みは「まえだごうどん」
千葉真一さんの息子で、
帰国子女となります。

まえだごうどん2

まえだごうどん1

正直、帰国子女は
出生日が特殊だから
あんまり四柱推命が
適応しにくいのだけど、
なんかさ、要領がいいんだなぁと思う。

美味しい所をしっかり取る、みたいな。

同じく千葉真一さんの息子で
一足早くブレイクした
新田真剣佑くん。

彼はいろいろカルマを背負っているみたいですが、
ごうどんくんの場合は
もっと要領がいいですね。

でも、正直、この命式からは
芸能界への意欲は感じられないのが残念です。



↓クリックくだされば励みになります。