私の高校時代の友人で
モンキーちゃん
呼ぶ女の子がいた。

見た目は派手だけど、
とてもおとなしい。
喧嘩をしない女の子。

表こころブログ_ヤリスギ政所河合塾1

「人はみかけによらぬもの」
とはまさにこのこと。

しかし、彼女
実は裏の顔があった。
それは不特定多数の
不純異性交遊
である

表こころブログ_ヤリスギ政所河合塾2

「人はみかけによらぬもの」
の裏を裏をかく女性だった。


彼女はなかなか策士で
その交友関係については
同じ学校の親友2人のみに言っていた。

しばらくたって、
仲良くなった私にも
打ち明けてくれたのだった。

表こころブログ_ヤリスギ政所河合塾3-1

私たちはそれは一切言わなかった。

モンキーちゃんは
不純異性交遊とメイク以外は
何も悪いことをしない、
周りの和を大事にする子だったから。



その様子が変わったのは、
卒業してからである。

モンキーちゃんは
予備校に通うことになった。

そこではかつての親友2人も
私もいない。


女は、自らの秘密を完全に保持する人と
喋りたい人に分かれると思う。
(完全保持パターンは2~3割ぐらいか)

表こころブログ_ヤリスギ政所河合塾3-2

モンキーちゃんは
喋りたい人だった。

しかし、完全に信頼できる人を限定して
打ち明けていた高校時代と違って
あまり信頼関係を築き切れていない
予備校で会ったばかりの人に話したのだ。

どこの馬の骨かわからない子に。

重たい秘密を打ち明けられた
その馬の骨子は混乱

表こころブログ_ヤリスギ政所河合塾3-3

そして、
『自分一人ではこの秘密は重すぎる』
ということで

表こころブログ_ヤリスギ政所河合塾4

いろんな人に話しまくるのだった。

高校時代には人を選んで秘密を話していた
モンキーちゃんの繊細な心遣いが
予備校では完全に欠如していた。

このことから、
モンキーちゃんは
予備校内で孤立してしまった。

高校の頃は女子から
嫌われることがないような
子だったのに・・・。

そして、秘密を散々にばらまいた
当の馬の骨子は

表こころブログ_ヤリスギ政所河合塾5
※画像参考「アフロ田中」

スッキリしていた。



↓クリックくだされば励みになります。