ある健康ランドの話である。

公衆浴場、もしくは
スパとも言うだろうか。

そこに以前、ウズ子と
行った時のこと。

ウズ子とは・・・性欲の権化である女性。
記事参照


そこは温泉に入ったあとで、
フリースペースで眠ることができる。
私とウズ子はそこで眠ることにした。
時刻は子の刻を回ろうとして、
日付が変わろうとしている。

私たち以外にも
何人か人がいて、
ご夫婦、会社帰りのおじさん。
スヤスヤと寝ている人も。

ご夫婦のうちのおじさんが、
私たちにお菓子をくれた。
(ウズ子は初対面の人から本当にモテる人だった)

修学旅行みたいでたのしいね。

表こころブログ_健康ランドスパの迷惑な客1

最初はひそひそ声で
話していた私とウズ子だったが、
次第に眠ることに。

そう、明日はウズ子と街中デート。

部屋にいる皆さんも
全員スヤスヤと寝息を立てていた。

・・・何時間経ったろうか、

「あーん」
「あーん」

突然部屋に大声が響いた。

表こころブログ_健康ランドスパの迷惑な客2

何事かと私とウズ子は目を丸くした。

「あーん」
男性の声だ。

どうやら誰か1人が言っているようだ。

表こころブログ_健康ランドスパの迷惑な客4

エッチな意味での
「あぁんっ」ではなくて、
ほんとうに
「あいうえお」の「あ」と
「わをん」の「ん」を
大声で言っているのだ。

どうも入り口近くの男性が
「あーん」と言っているらしい。

表こころブログ_健康ランドスパの迷惑な客3

皆も何事かと思ったが、
しばらく言ったあと
ボリュームが
フェードアウトしていった。

犯人探しもあいまいに一同静寂の中。

時刻は深夜をまわっている。
うとうとまどろみ出した私。

しかし、またも
「あーん」「あーん」と

表こころブログ_健康ランドスパの迷惑な客2

ついにオジんの近くにいた
ガタイのいいお兄さんが
「うるさい静かにしろ!」と注意。

「すみません」とあーんあーんオジさん。

しばし、静かな時間が戻ったが、
それもつかの間。

表こころブログ_健康ランドスパの迷惑な客3

懲りずにあーんあーん叫び出す。

ガタイ兄さんは舌打ちしたり、
再三注意したが、
それでもあーんあーん。

おそらく周囲の人は皆心一つ。

表こころブログ_健康ランドスパの迷惑な客5

少しも静かにしない
あーんあーんオジさんに
ガタイ兄さんは枕を投げた。

表こころブログ_健康ランドスパの迷惑な客7

まあ何かしらの事情を
お持ちの方かもしれないけどさ、
でもちょっとこんな公衆の場なのに、
自分の体と相談せにゃいけんじゃろ。

しかも、ウズ子とは朝になったら
街中デートをしようと約束しているので、
早い話体力を回復しておきたいのだ。

感情の揺れが激しく
プライドが高い子なので、
ウズ子と遊ぶとなると
かなり体力がいるのだ。

まったく眠れない私と
部屋の中のお客さんたち。




しかし、朝まで
止むことがなかったおじさん。

いつの間にか彼は消えていた。
あれほど散々迷惑をかけたにもかからず
鮮やかに姿を消していたものである。


結局朝になって、
ウズ子も眠れなかったらしく

表こころブログ_健康ランドスパの迷惑な客8

街デートは
キャンセルとなった。

結果オーライで
good,job!
あーんあーんオジさん!



↓クリックくだされば励みになります。