友人に婚活パーティーの
ヘビーユーザーがいる。

仕事終わりと休日の全てを
婚活につぎ込んでいる女性。

まあここではコロロさんと呼ぼう。

表こころブログ_婚活ギクシャク6j


コロロさんに婚活・街コンに
何度か誘われたことがある。

その時の婚活は、
お座敷タイプの居酒屋に待機している女性陣へ
2、3人の男性グループが次々交代するものだった。

表こころブログ_婚活ギクシャク1j

これがほんとにもう・・・
大変だったんだよ。
そのコロロさんは、
死ぬほど場を盛り上げないひとだ。

「だって好きでもない人に
(愛想振って)勘違いされたら困るじゃん?」

とはコロロさんの弁。

ということはどうなるか。
弁士こころの登場である。

表こころブログ_眠ったお酒4j

時には敏腕バスガイドのように
時にはバラエティの司会者のように
次から次へとやってくる
男性陣相手に散々に盛り上げていた。

そこは7組の男性がお相手なのだけど
私、正直、2組目で
表こころブログ_夜ウォーキング2j

疲れた。

なんでお金払ってるのに
私がこんなに盛り上げて
疲れなくちゃいけないんだろう。

いい恰好したい私の悲しいサガだ。

しかも、私とコロロさんは
2人知り合いだけど、
男性陣はそうではないらしい。

あくまで初対面にもかかわらず
組み合わされているのだ。

だからそういう意味でも気を使う。

その中、3組目だか4組目だかに来た
ある組がとても印象的だった。

メンバーはそれぞれ
警察官・おデコさん・デッパさんだった。

表こころブログ_婚活ギクシャク2j

それぞれ今日が初対面らしい。
だからどことなくギクシャクしていた。

私は警察官の人が可愛いなって思って
仲良くしたったのだけど、距離が遠かった。

その代わりぐんぐん
話しかけてきたのが
目の前にいたデッパさん。

表こころブログ_婚活ギクシャク3j

最初はデッパさんと話しかけていたのだけど、
本命の警察官に話しかけたくて
距離の長さにも屈せず話しかける。

しかし、そこへデッパさん乱入。
小学校の時、クラスで廻される手紙を
途中で読むタイプね、この人。

私の警察官へのお熱が通じたのか
しだいにデッパさんはコロロさんに
話しかけるようになった。
(私がそうしむけた)

でも、前述した通り、
コロロさんは眼中にない男性には
氷山のように冷たいので、

表こころブログ_婚活ギクシャク4j

死ぬほど塩対応だった。

さて、男性陣の真ん中にいたおデコさん。
彼にも話に参加してもらおうと
「えーふだんは何やってるんですか?」
と尋ねたら、どうも、公務員らしい。

しかもよくよく聞いても
市役所や裁判所とかではなくて、
「そのぉ印刷書類とかの統計を取る機関で」

よく分からなかった。
そして全然盛り上がらなかった。

栗原類的な感じだった(髪の毛以外)。

あのねぇ、声を大にして言いたい。

表こころブログ_合コン婚活の3大テーマj

「出身地」「仕事」「趣味」は
初対面の人に聞かれる三大項目だから、
小噺つきで紹介できるようにせにゃあ!

林家一門だったらコンマ1秒で破門やでほんま。

そしてそんなコミ障気味の
おデコさんにコロロさん、

「なんかーきみさぁ、
トレンディエンジェルの・・・」

表こころブログ_婚活ギクシャク5j

「斉藤さんに似ているね」

言ってもうた!
この場の誰もが思っていることを
何の遠慮もなく言ってもうた!

おデコさんのデコが広い理由も、
デッパさんのぐいぐい来る姿勢も
どこかしっくりこないものを
孕みつつこの男性陣の婚活は
メリーゴーラウンドのように回るのだった。

だから、気を遣う人に
婚活はダメやね。



↓クリックくだされば励みになります。