昭和時代の家族ドラマで
よくあるこんなシーン。

表こころブログ_厳しい父親やさしい母親1j

殴りかかるカミナリオヤジと
とめるお母さん。

向田邦子さんが有名ですね。


逆に、平成時代は
こんなドラマもよくある

表こころブログ_厳しい父親やさしい母親2j

スパルタお母さんと
うだつのあがらないお父さん。

学園モノではお決まりですね。


つまり、大方、
父親が厳しければ母親が優しく、
母親が厳しければ父親が優しい。

そういうものなようだ。

では私のうちではどうか。

よく読者さんに言われる。
「先生のとこは
お母さまが
厳しいんですね。
お父様が
優しい印象です」


・・・

実際には。

表こころブログ_厳しい父親やさしい母親3j

どっちも厳しいのだ。


ただ、母のほうがブログ的に、
話題的に映えるような話が
多いのに対して
父親の場合は後ろ暗いような
厳しさがあるのだ。

表こころブログ_厳しい父親やさしい母親4j


母性原理・父性原理
というものがある。

獅子が子を崖に落とすのが父性原理
自らを犠牲にして小鳥の注意をそらすのが母性原理


うちの過程は
切る・遮断する・断罪する
などの父性原理が強かったわけだ。

この弊害は
他人に厳しい子が育つ。





しかも、姉だけは
最初のうちは一人っ子
それも初めての子供。

とーぜん
チヤホヤされるわけで。

私は昭和時代の
炭鉱業の娘なみに
厳しくされた。



すると、どうなるか。

抑圧し続けると必ず爆発する
これが私の人生で得られた教訓。

あれをしなさい
これをしなさい
それはしなさんな
どれをしなさんな

ぎちぎちに
固めて育てると
表こころブログ_厳しい父親やさしい母親5j

淑女・こころの完成である。

・・・

・・・

・・・

なんてうまくいくはずもなく

表こころブログ_厳しい父親やさしい母親6j

かくして、
安芸の国イチの
自由人・表こころの
完成となる。


子育て世代の
お父さん、お母さん!
断言します!

厳しくしすぎたら
表こころみたいな子が
育ちますよ!!!



P.S.

昭和時代のオヤジ主義の家庭を
鮮やかに描いていた向田邦子さん。
彼女の作品は、
父親の理不尽への指摘ともに
底知れぬ家族愛があった。



↓クリックくだされば励みになります。