私がその人に会ったのは4月末。
桜の散ったあとだった。

初出勤で玄関ですれ違ったときだ。

とても背が高くて
凛々しいイケメンだった。

表こころブログ_職場の気になる人1

まぁ、ここでは
エノモトさん
としておこうか。

気になった私は
FBIチョメチョメ(※)
おこなって彼の
誕生日を入手する
※クラリス・ターリン直伝の情報収集方法






そして、その生年月日を
四柱推命にかけて「ほうほう」

表こころブログ_四柱推命で分析j

でも私はあくまで
仕事をしにきている訳だ。
恋愛をしに来ているわけではない。


全然見ず知らずの同僚から
「私の手相みてくださーい」
なんて頼まれることもあるけど、
あくまで真っ当な仕事をしに出勤している。

いつしかエノモトさんと
触れ合う機会もあまり無くなっていて、
時は過ぎていった。



ある会議の時だった。
たまたま参加した私。

影でまめつぶメガネさんと呼んでる
若い男の職員が言った。

「手相見れるんですか?
こいつの手相見てくださいよー」

とエノモトさんの
大きな手を差し出して来た。

表こころブログ_職場の気になる人2j

「えぇっ。
手相が見れるんですか」
「へーっ」
とエノモトさん。

顔が真っ赤だ。
私思ったね。

『可愛い!』


そして占う。
「頭が良い方ですよ。
 頭脳でお金を稼ぐような方」
「ただ、晩年運が弱い方ですね。
 今のうちから計画を立てていかれて」


突然だが私の名前は
「表こころ」
つまり、占いで伝えられない
「裏こころ」
が存在する訳だ。

表こころブログ_表こころ裏こころj

エノモトさんは好き嫌いの
激しい手相をしていた。

つまり安定よりも美学を
求めるような手相。

晩年運を指摘されて
「確かに・・・
後先考えず使っちゃいますね」
なんてつぶやく。


この時のエノモトさんの反応を見て思った。
『この人シャイなんだろうな』

これがきっかけだろうか。
いつしか、さらに私は
虜になっていった。


手相を見たおかげで、
エノモトさんの
生年月日・人相・手相の三種の神器を
手に入れることができたわけだ。
この三つが揃えば
大抵のことが分かる。

kaokokoro命卜相

ただ、初めてエノモトさんと
会った時から私の中で一つ答えがあった。

「この方は絶対に気性が激しい」

人相がそう語っている。

今のところシャイでクールで
ステキなエノモトさん。


飲み会で意外と情熱的な一面も目撃した。
やはり気性の激しさがあるのだろうか。
これも某大学の体育会で習ったものか。


いつかクールでシャイな彼が
私への激情を見せはしないだろうか。

80年代のメロドラマは
彼氏に強引にされた
女性の首輪がほつれ、
真珠がバラバラーっと
飛び散るシーン
がよくある。

表こころブログ_職場の気になる人3j

もしエノモトさんに
そんなことされる機会があれば。

その場合、私だったら
真珠でなくて、タロットカードが
散らばるのだろうか。

表こころブログ_職場の気になる人4j



↓クリックくだされば励みになります。