<本記事は占いの館の申告により実際の人名を伏せています>

占いというのは
どうしても性の奥深い問題を
扱うときもある。

それにつけてもだ。

若い女の子への
性的な話は気を付けるべきだろう。

なぜなら私が
いやな経験を何度かしたから。

kaokokoro76-3j


それはある占い師さん。
私と同じ会社で働いている。

そこそこいい年齢の男性だ。
(以前からの顔見知りではある)

どうも占い師さんは
私と会うたびに
説教をしてくるような先生だった。

どうもその先生は
私が世間知らずのお嬢さんだと
思っているらしかった。


ディズニー映画であるような
夢見る主人公と
現実をたしなめるおじさん
みたいな構図
kaokokoro76-1j
↑ディズニー映画でよくあるシーン

その先生へ
私が占い師として
来年は東京か大阪で
やっていけるかどうか相談していた

その先生が言った一言は

kaokokoro76-2j

えーーー。

av女優になろうと思ったことなんて
一度もないし!

何がav女優だ。
セクシー女優だろ
(そういう問題じゃない?)



ほかにも占い師として
同業者同士で
高め合えるような議論をしていた。

お客様の相性をどう判断するかと
相性判断の話だ。

するとその先生は
「心の相性が悪くても
体の相性はいいこともあるんだから」

とこつんと肩に触れてきた。

kaokokoro76-3j

あのね、さっきからほんとに!

私という人間をどう分析しようと
占いだから仕方ないけど
我欲の延長で占われることは
ちょっといやだな。



↓クリックくだされば励みになります。