私は顔の占い師だ。

そのため、初対面で
相手の性格等を見抜くには
それなりに自信がある。


婚活パーティにもしも占い師が潜入したら
というレポも書いた通り、
初対面で「はじめまして~」とするときに
私の特技が縦横無尽に活かされる。


そんな場所が婚活以外では
広島には4件ほどある。

そう、「相席居酒屋」という名で。

kaokokoro69-2j

私の友人で、
相席屋の熱狂愛好者がいたため、
しばしば連れ添いで行くことがあった。 




知らない方にご紹介すると
相席居酒屋とは同性客2~4人で来たのち、
異性客とその名の通り“相席”をして
食事にお酒に楽しむというシステムである。

このとき、特筆すべきは
男性はキャバレーのように
時間制で金額が派生するのに対して、
女性は無料である点だ。

この形式の居酒屋の目的はなんだろう。
多くは出会いだろう。

中にはむふふな展開を
期待している人もいるかもしれない


以前、大阪から出張で来た
という方もいらしゃって

「東京の相席屋にいったとき
『私たちは本気で
出会いを求めてるので
遠方の人は来ないで』
と言われましたよww」


kaokokoro69-1j

ということを仰っていた。

『あれれ、この人以前言われたことと
今していることを理解しているのかな?』

という疑問はビールの泡とともに
ふつふつと浮かんできましたが、
黙っておきました。




さて、同じく相席で出会った
ある男の話。

その男は県外の出身の
専門的なお仕事。
年下だったこともあり、
向こうのノリのよさから
宴もたけなわになった。

向こうから
「連絡先聞いてもいい?」

これには困った。

あまり連絡したくなかったけど
慇懃な性格なので断るのも困る。

そこで私が尋ねたこと、それは

「彼女いますか?」

固いかもしれないけど、
ごたごたには巻き込まれたくない。
ノーモア・ウズ子なのだ。


その男はさらりと
「いないよ」
と言った。

この時私は察知した。

kaokokoro69-3j

結論から言えばこの人とは
連絡先を交換した。

そして、交換したのち
何度も連絡が来て
遊びに誘われたけど、断った。

私はなぜ交換したのか。

「彼女がいない」とウソついた(予想)
人となぜ交換したのか。


その理由は彼の過去の話にあった。

「高校時代、二股していたら
 彼女にばれて…」

「それでものすごい
 修羅場になって」

「二人の彼女は
 同じ学校で同じクラスだったから」


kaokokoro69-4j

彼はきょどった顔で
「それ以来二股はやめようと思ったんです」
と断言していたのだ。


それを聞いてて
『ばかだなぁ、この子』
と思いつつ、反面、
『そんなことがあった人間は
果たして反省することできるのか』

という興味が沸いてきたのだった。


そして、数日後
私は独自の情報網で
彼をちょっと調べてみた

瀬戸内のFBIを自称する私だ

発見した。
仲よさそうにニコニコと彼女らしき人と
遊んでいる画像を載せたツイッター。


kaokokoro69-5j

「どの口が『彼女いない』
ほざいたかいのぉ!?」

(孤狼の血)

その男のウソを見抜いた私の予感が
的中する形でツイッターを発見したのだった。

この世代はツイッター世代
普通の高校生でさえも
「あなたyoutuber?」
と思うようなフォロワーがいるから驚きだ。

フォロワーの増やし方は学んでも、
メディアリテラシーについては
習わなかったのね。


アウトレイジの花菱会長も言っていた
「一度人を裏切った人間は何度でも裏切りよる」

(花菱会長)
sjsf
※画像は公式youtubeより


その男にガツンと言ってやろうかと思った。

だがしかし、
そいつと一緒に映っている
無邪気な笑顔の可愛い彼女を見ると
なんだかカワイソウになってね…。

「実家に帰らなくちゃいけない事情ができた」
ってウソついて連絡をブッチしました。
(実家もなにも広島なんじゃけど)




その後、相席屋にて
私は林遣都くんに
超似ている男の子にも
連絡先を聞かれたけど、
やはり彼も彼女がいた。
(これは本人が告白した)

無題
※画像は公式サイトより

なぜ、このことを書こうと思ったかというと
一昨日のとうかさん(広島のお祭り)で
その林くん似の男の子と彼女さんが
歩いているところを見かけたからだ。


袖振り合うも多生(たしょう)の縁

ブルゾンさんは
「地球上の男は35億いる」と仰っていましたが、
よく考えれば女も同じだけいるようで。



↓クリックくだされば励みになります。