去年、2か月で9kgのダイエットに
成功したことがある。

しかし今年、大学院に入って
すぐリバウンドした。

「なんとか楽に痩せる方法はないものか」

気づけば、その筋で有名な
内科の門戸をたたいていた。
(どういう病院かは勘のいい方ならお分かりですね)
kokoro32j

そう、そこは市内で
唯一といっていいほどの内科。

美容系でなくて、
もっと慢性疾患を診察するような病院だ。

「こころちゃん行く必要ないんじゃないの?」
と一部の優しい友人(ほんとにごく一部)は
言ってくれる。

実は少し期待していたのだ。

「最新医学の力でもしかしたら楽に痩せれるんじゃね?」
と。

kokoro32-2j

↑こんなかんじ。

しかし、実際に先生に言われたのは
「万歩計しろ」
「食事日記つけろ」
「体重計測しろ」
「夜ご飯控えめ」
「キャベツ食べろ」

の指導だった。




そして、血液検査をしてもらう。

あれ?
クスリは?

あれ?
最新医学は?

こうして初日の痩せるための
内科検診は5000円以上の診察費となった。

サイフに手持ちがなくて
初めての病院でツケ払いという失態をおかしてしまった。

チーン。

ちなみにこのことを
ゼミの友人たちに言うと

kokoro32-3j

さっすが。
恐ろしい教授にも好かれるぐらい、
お出来になるゼミ生2人は違うわぁ。


その後、この内科に通い続けるとともに、
父の防風通聖散を服用しようと決意するのであった。



↓クリックくだされば励みになります。