顔と心の毎日 by表こころ

占い師のしがない日常。国家資格を活かして生活のためになることをイラストでお送りします。

統計医学修士 + 占い師(手相+人相+四柱推命+タロット)
対面・電話鑑定は → tesoninsoあっとgmail.comまで(30分5000円)
遠方の方の占いは → https://coconala.com/services/877602 (四柱推命3000円)

2020年04月

広島の市街地本通りを歩いていたら、
声をかけてきたひとがいた。

表こころブログ_ナンパ相手に必ず渡す名刺1

話し方の中に
広島弁はない。

広島を訪れる他府県の方がいたら言いたい。
広島はナンパが不毛の地。

ここ一年で声をかけた
3人の男性はみな観光客であった。

保守的で地域に生きる
広島人の性格がよく表れている。

話を聞きながら私は言った

表こころブログ_ナンパ相手に必ず渡す名刺2

「あなた広島の人ではないでしょ」
続きを読む

日本一の店舗数を誇る
広島市街地にある
某リラクゼーションサロンでのこと。

表こころブログ_黙ってマッサージしてほしい1

ここは完全に素人が
もみほぐしをするのだが、
中には整体師やカイロの資格を
持っている人が
格安で行うこともある。

Sさんという
初老のマッサージ師がいた。

表こころブログ_黙ってマッサージしてほしい2

この人は腕が確かで、
私の腰痛を一発で直したのだ。
続きを読む

相席居酒屋で会った
ある男性の証言。

その男性はいわいる
ロマンスグレーと言われる
綺麗な髪の毛をした
ナイスミドルであった。

彼は私と会うなり、

表こころブログ_妻の浮気現場を目撃した男1

「僕は嫁を探している」
とお腹を触りだした。
(セクハラ!ゼッタイダメ!)

そして彼は妻子がいたけど
いまは独り身でると。
そのいきさつについて
語りだしたのだ。
続きを読む

隣のばカップルが
ギシギシアンアン、
キャーキャーうるさいことは
散々ブログにも書いた。


ツイッターにも書いた。
そして、逆転の発想で
このうるささを
何とか引っ越しで
利用できないものかと
考えていたことも書いた。

表こころブログ_隣のカップルは朝に情事する7

実は私のいまのマンションは
家主と管理会社が一緒の会社であった。

そして常々、管理会社さんに
「隣がうるさい」と
苦情を言っていたのだ。

敷金例金返済、退去日時完全自由化1

2回の苦情からの勧告ののち、
それでも是正が見られないため、
3度目のでとうとう
管理会社さんと
対戦を申し込んだ。

「直接会って話できませんか」と。

敷金例金返済、退去日時完全自由化2

続きを読む

正直言うけど、この1ヶ月、
対面鑑定予約は
全てキャンセルとなった。

そりゃあまあ
緊急事態で
都市封鎖寸前だから。

そして都内のお仕事の方は
完全に自宅待機兼テレワークとなった。

雇われの占いの館も
1ヶ月の休止となったし。

こっちに来て
「会おう」と言ってくれた
都内の友人の遊びもみんなキャンセル。

そうなるとどうなるか。

表こころブログ_さびしがり屋と東京の優しい人たち1

寂しがり屋こころの誕生である。


YURIKOの奴が

表こころブログ_小池百合子

「不要不急の用事で街に出るな」
言うから従っていたけど、
春からの引っ越しとケータイについては
要でも急でもあるから、
住んでる街の不動産屋さんや、
docomoショップに通っていた。

続きを読む

実は私は去年、
1ヶ月丸々お風呂に
入らなかったことがある。

あ、正確にはバスタブね。

シャワーは浴びたが
お風呂は入らない。

だけど、必ず自分が
一番風呂の場合は

表こころブログ_水場は戦争がおこる1

浴槽を洗っていた!

それが人としての
所業でございます。
続きを読む

私は大学時代に、
2回引っ越しをしました。

うち、2回目は隣がかなり
うるさい大学生でした。

今回、
都内23区の某町に住んでいるが、
私の隣人が

表こころブログ_隣のカップルは朝に情事する4

またもやハズレだった。
続きを読む

いままで、いろんな人を
占ってきたけれど、
いまだにないことは二つ。
・弁護士を占うこと
・新興宗教団体の人を占うこと
そのうち、弁護士さんに対しては
おそらく誰かは占っているのだけど、
少なくとも
「私、弁護士ですよ」
なんて自己開示することはなかった。


同じく、新興宗教団体の人も
絶対、お客さんにはいるはず。

しかし、本人から「私は××教でして」
なんて自己開示してくることは
いまだになかった。


しかし、私には分かる時があった。

表こころブログ_新興宗教団体にはまっている人の手相1

それは手相にある特徴が
見られるから。

今日はあえてタブーである
新興宗教団体の人の手相を語りたいと思う。

続きを読む

↑このページのトップヘ