統計医学修士 + 占い師(手相+人相+四柱推命+タロット)
個人鑑定依頼は → tesoninsoあっとgmail.com(50分3000円)
遠方の方の占いは → https://coconala.com/services/877602 (四柱推命3000円)

2018年10月

あれはまだ私が10代の頃かな。

東京に遊びに行った時のこと。

地下鉄に乗っていたのだけど、
地下鉄は山手線みたいに
簡潔でないから、
どの沿線に乗ったらいいか、
どの駅に着いたらいいか、
当時のわからなかった。

※当時スマホもあまり
出回ってなかったころ。


『あれもしかして
これ間違って乗ってる?』
あわてふためく私。

「すみませーん」と
私の前の背中をむけている
おばさまへ尋ねる。

表こころブログ_東京怖い1j

・・・返事がない。続きを読む

デートをしているときに
積極的にお金を払ってくれる
男性はカッコいい。


世の中デートをするにしても
遊びにいくにしてもお金が必要だ。

次から次へとエスコートしてくれるのは
とても魅力的な人に見える。


ケチな人だとデートの
選択肢や場所も狭まるだろう。

そこで、今日は顔から分かる
ケチな男の特徴
についてお伝えしたいと思う。

表こころブログ_ケチ男の人相j

続きを読む

神職の人ばぁ泣かしたらいかんぜよ。

表こころブログ_聖職者1.1j


とは誰かの言葉だが、
ミッション系の学校において
シスターや牧師さんが
常在していることは珍しくない。

広島は西区の
山の上に鎮座している
誠心中学校・高校(仮名)もその類だ
続きを読む

みなさんこんばんは

表こころブログ_パソコンj

占いのお店に出たら
滞在時間よりも
食べる時間が多いで有名な
表こころです。


この度、私は
ゲーム用のパソコンが買いたくて
大手パソコンショップへと
行ったのですが、
表こころブログ_パソコン3j

予算は五万円。


すると、やたらめったらと
瞳孔の薄い店員さん(※)に
(※人相的には獣眼といいます)

表こころブログ_パソコン2j

と倍近い値段のパソコンを
勧められてしまいました。

「世界が変わる!」
「絶対後悔する!」

なんて力強く押されちゃって。
いろいろと迷ってしまって
消化不良のまま帰宅。


ということで
残りHPがあと3ぐらいしか
残っていないので
こころちゃんの今日のブログは
おやすみだよ!


P.S.

はやく開運館やめたい



↓クリックくだされば励みになります。

先月、弟子と東京に行ったときである。

私たちは路上占いをしようと
渋谷のあちこちの
いい場所を探し回っていた。

渋谷は路上占いがほとんどない。


渋谷は占いの不毛の地なのだろうか?
TOKYUデパートの近くで
youtubeをしている
若手芸人志望のお兄さんに
路上占いはどこですか?なんて尋ねたら。
「H&Mの近くに占い師がいる」
ことを教えてもらった。


その占い師は銀行?
のガラスを持たれて、
ちょうど敷地内に自分も
お客も入るような作りで鑑定していた。

表こころブログ_渋谷の路上占い1j

こんな感じで

続きを読む

※この記事は占い(四柱推命)の
初級~中級向けの記事となっています。



懸針殺

表こころブログ_懸針殺と懸針紋j

四柱推命のなかには、手相や人相とまったく同じ用語がある。
今回紹介するのはそのうちのひとつ、懸針殺である。

四柱推命における懸針殺とは吉凶神殺の一つ。目に関するトラブルや眼病を意味する。


人相における、懸針殺とは、眉間に一本だけ出ている縦の皺。水谷八重子やチャーチルなど。
二本ともでている場合は懸針殺とは言わない。
例えば芸能人で言えば阿部寛のような皺は懸針殺でない。
このような人相の人は集中力に優れ、一度これと決めたことにはがむしゃらにかけつける。
一方で頭痛持ち、かつ遠視・斜視等を持つなど視力が悪い場合が多い。
(なお私の人相学はアジア人、こと江戸時代の日本人を対象に統計を基盤としているが、今回のような白人のケースもあり)




私が医療の副業で得た知識としては、頭痛がある患者さんはたいていデスクワークをしている人ということ。
実はこれ、医学的にも理にかなっており、目の酷使は頭痛を誘発する。
肩と首のコリが頭痛に眼痛につながったことのある人も多いのではないだろうか。

頭痛や目の酷使に悩む現代人、懸針殺の出る条件をもっと緩和しても時代に即しているのではないだろうか。



↓クリックくだされば励みになります。

女性の悩みの
8割は恋愛の話である。

手相の相談では
もっとも結婚線に
注目が集まるわけだ。

今回は、そんな重要な
結婚線について
話したいと思う。

テーマはずばり
「結婚線がない人は結婚できないのか」

表こころブログ_結婚線1j
続きを読む

↑このページのトップヘ